気になるところは隠しちゃおう。タイプ別おすすめのコンシーラー

Home / コスメ・メイク / 気になるところは隠しちゃおう。タイプ別おすすめのコンシーラー

肌のくすみも目の下のクマも、全部思い通りに隠してくれるコンシーラー!お悩み別にコンシーラーを使い分ければ、曇りのない理想のメイクができるんです。おすすめのコンシーラーと使い分けをご紹介しましょう!

 

コンシーラーは種類がいっぱい!

ひと口にコンシーラーと言っても、さまざまな種類があるんです。タイプによって使い心地やカバーできる範囲が変わるので、自分の好きなテクスチャーやお悩みのパーツを知っておくことも大切。コンシーラーに苦手意識を持っている人も、それぞれのコンシーラーの特徴を把握すれば、簡単に使いこなせるようになりますよ。

 

◇クリームタイプ

カバー力は最も低いですが、油分多めでリキッドファンデーションのような感覚で伸びが良く、使いやすいのがポイント。カバーしたい面積が大きい場所に使うのがおすすめです。

 

◇リキッドタイプ

筆ペン状のものや、コンシーラーにチップが付属しているものなど、メーカーによって異なります。クリームタイプ同様に伸びが良く、広範囲に使えて便利です。

 

◇スティックタイプ

口紅やリップクリームのような見た目のスティックタイプは、固めのテクスチャーなのが特徴。カバー力が高く、ぴったりお肌に密着してくれます。動きの多い皮膚に付けるとヨレが目立ってしまうのでご注意を。

 

◇ペンシルタイプ

コンシーラーの中では、最も狭い範囲をピンポイントで隠せるペンシルタイプ。小さなシミやほくろなどを隠すときにおすすめです。

 

 

 

タイプ別おすすめのコンシーラー

<クリームタイプ>

◇NARS/ラディアントクリーミーコンシーラー

全5色展開のNARS(ナーズ)のラディアントクリーミーコンシーラーは、クリームタイプのコンシーラー。するっと伸びて使いやすいのに、カバー力も十分!リピ買いする人多数の人気プロダクト。パラベンフリー・アルコールフリー・無香料と化粧品の添加物が気になる人も安心!

ナーズ NARS ラディアント クリーミー コンシーラー #HONEY 【海外使用パッケージ】 [並行輸入品]

ナーズ NARS ラディアント クリーミー コンシーラー #HONEY 【海外使用パッケージ】 [並行輸入品]

 

 

◇資生堂/スポッツカバー ファウンデイション

 

資生堂のスポッツカバー ファウンデイションは1980年に発売され、35年以上の歴史を持つロングセラー商品。クリームタイプと分類するには少々固めのテクスチャーですが、抜群のカバー力でニキビ跡やあざなどもしっかり隠してくれます。

資生堂 スポッツカバーファンデーション H101

資生堂 スポッツカバーファンデーション H101

 

<リキッドタイプ>

◇イヴ・サンローラン・ボーテ/ラディアント タッチ

 

コンシーラーだけでなく、ハイライトとしても使用できるイヴ・サンローラン・ボーテのラディアント タッチ。筆ペンタイプで隠したい場所にさらっと塗れて、不器用さんでも楽ちんです。厚塗り感がないのにカバーできると大人気!

イヴ・サンローラン ラディアントタッチ #02 ルミナスアイボリー 2.5ml

イヴ・サンローラン ラディアントタッチ #02 ルミナスアイボリー 2.5ml

 

<スティックタイプ>

◇カバーマーク/ブライトアップファンデーション

ファンデーションが大人気の、カバーマークのブライトアップファンデーション。ファンデーションとライン使いする人も多いコンシーラーです。とんとん、と肌に付けたら指で馴染ませるのがポイント。

カバーマーク ブライトアップファンデーション B2

カバーマーク ブライトアップファンデーション B2

 

 

コンシーラーを使い分けて気になるところは隠しちゃおう

それぞれコンシーラーを使いたい場所に合わせたタイプを選べば、より効果的に使えます◎

 

<シミ・そばかす>

シミやそばかすには、自分の肌より暗めの色で、カバー力の高いペンシルタイプやスティックタイプがおすすめ。コンシーラーは塗りすぎるとヨレが目立ってしまうので、ほどほどにしましょう。

 

<にきび>

にきびにはグリーン系のカラーを使うのがおすすめ。赤みが弱いにきびなら、ベージュ系でも大丈夫!シミ・そばかす同様に固めのテクスチャーでカバー力の高いタイプが良いでしょう。

 

<クマ>

クリームタイプやリキッドタイプの、伸ばしやすいタイプなら日中動きの多い目の下でもぴったりフィット。寝不足によるクマにはオレンジ系、色素沈着によるクマにはイエロー系がおすすめです。

 

<小鼻の赤味>

小鼻の赤味を消すなら、クリームタイプかリキッドタイプが良いでしょう。皮脂が溜まりやすいところなので、気になるならメイクポーチに入れて持ち運び、頻繁にチェックすると良いですよ。

 

 

まとめ

タイプ別にコンシーラーの特徴と、隠したいところ別のおすすめコンシーラーをご紹介しましたが、いかがでしたか?コンシーラーは上手に使えば、あなたの強い味方に。ぜひコンシーラーの特徴をつかんで、理想のメイクをしてみてくださいね!

MOMO
MOMO
憧れの東京で女子大生生活を送るという夢を叶えたももです。 もうすぐ社会人デビューします。研究を重ねた必勝就活ヘアメイクや、学生⇨OLへのシフトメイクなどを実録スタイルで紹介していきたいなと思っています。 これからもっと色々なコスメを試してみたいです!
Recommended Posts