大人女子ならドライフラワーを暮らしに取り入れよう。ドライフラワーの作り方とおすすめのショップ

Home / ライフスタイル / 大人女子ならドライフラワーを暮らしに取り入れよう。ドライフラワーの作り方とおすすめのショップ

ドライフラワーをインテリアに取り入れて、お部屋を素敵に彩りませんか?しかもドライフラワーは自分で作ることもできるんです!簡単&長持ちのドライフラワーの作り方と、おすすめのお店をご紹介します。

 

ドライフラワーとは

 

ドライフラワーとは、その名の通り草花を乾燥させたもの。自然乾燥させて意図的に作るものや、さらに既に枯れた草花を採集したものも、ドライフラワーと呼ばれています。お花屋さんで買ってきた生花は、お水を替えたり茎を切ってあげたりお手入れを頻繁に行わなければいけませんよね。その点ドライフラワーのメリットは、生花ほどのお手入れを必要とせず、約2週間程度お花を楽しむことができること。自宅で作るのも簡単で、インテリアとしての人気もじわじわ高まっています。

また、ドライフラワーとよく混同されるのがプリザードフラワー。プリザードフラワーとは、特殊な液体に生花を浸し、まるで生花のような見た目とテクスチャーを楽しめるように加工したもの。結婚式のブーケなど、思い出をそのままの姿で閉じ込めておくのに最適で、なんと2年も楽しむことができます。

 

ドライフラワーの作り方

 

ドライフラワーの作り方の基本は、茎を上に、頭を下に吊るすこと。簡単すぎるステップで、初心者さんでもお手軽に作ることができるのが魅力。さらに草花を吊るした姿も美しいので、ドライフラワー作りをしている過程さえインテリアになります。

 

 

<不要な葉を取り除く>

吊るす前にやっておきたい下準備は、草花の不要な葉を取り除くこと。葉が多ければ多いほど乾燥しにくく、ドライフラワーが完成するまでに時間がかかります。

 

 

<茎を糸で縛って上から吊るす>

生花を花瓶に入れておくと、寿命が来ると頭が垂れてぽとっ、と落ちるのを見たことはありませんか?人間の頭と同様に、草花も頭が重いんです。そこで茎を糸で縛り上から吊るすことで、真っすぐ綺麗なフォルムのドライフラワーを作ることが可能。また、1本ずつ吊るせば乾燥が早く、数本束ねて吊るすとゆっくり進みます。

 

 

<直射日光・高温多湿を避ける>

ドライフラワーを作るときには、直射日光と高温多湿の場所を避け、風通しの良い場所を選びましょう。エアコンの下など、空気が乾燥した場所が最適。乾燥した空気を好むドライフラワー作りは、一般的に夏は時間がかかり、冬は短期間で完成します。

 

 

ドライフラワーを買えるおすすめのショップ

 

 

◇logi PLANTS & FLOWERS(表参道)

「何事にもとらわれず 自由な発想で 一つづつココロニノコルハナの新しいカタチ」をコンセプトにする、表参道のお花屋さん。トートバッグにブーケを入れる斬新なスタイルで、一躍その名を広めました。国内外のブランドのイベントでも、会場の装飾に引っ張りだこです。

 

 

◇The Little Shop of Flowers(神宮前)

「花に遊び心を」という考え方で、ブーケや色などの既定の枠にとらわれず、自由に花を楽しめる空間を提案。ヴィンテージのような家具や本が隠れる店内は、初めて足を運ぶ人もほっとする場所です。

 

 

◇farver(中目黒)

「ファッションとしての花」をコンセプトに、「その人のライフスタイルの中に溶け込む花」を提案。店内でヒアリングをして、その人に合った花をチョイスしてくれます。ブライダルの利用も多く、ワークショップや空間スタイリングなどさまざまな顔を持っています。

 

 

まとめ

 

ドライフラワーの作り方と、ドライフラワーが手に入るおすすめのお店をご紹介しましたが、いかがでしたか?意外に簡単に作れて、お部屋が一瞬で素敵に!皆さんも、ドライフラワーを身近なインテリアにしてみてはいかがでしょうか。

shiho
shiho
DIYにはまって2年目になります!まだまだ上級者ではないけど、ちょっとしたコツやおすすめのパーツなどご紹介していけたらなと思ってます! 最近は服作りも気になってます♪
Recommended Posts