浴衣を自分で着付けてみよう!浴衣美人を手に入れよう

Home / ライフスタイル / 浴衣を自分で着付けてみよう!浴衣美人を手に入れよう

夏の花火大会や納涼祭には、ぜひ浴衣で参加して、涼しげな「大和撫子」をアピールしたいもの。着物の着付けは難しいという人も、浴衣なら初心者でも簡単に和装を楽しめます!帯結びやヘアアレンジで、他の人とはひと味違う、浴衣美人になってみませんか?

 

浴衣を着付けてみよう!

浴衣の着付けが、初心者でもカンタンにこなせるポイントをチェックしていきましょう!

①まず用意するものはコチラ

上記写真にはありませんが、「伊達締め」を用意すると良いでしょう。これらのものを用意したら、ひも類はほどいて、かがまなくても手に取れるよう椅子や台の上にまとめて置きます。

②浴衣の下着をつけて、補正をします


肌襦袢+裾除け、もしくは市販の浴衣用下着を身に付けて、タオルなどで腰回りの補正をします。浴衣はくびれたウエストより寸胴体型のほうが着付けやすいので、デコボコのない体型に補正します。後ろ腰、ヒップのくぼみにタオルを折りたたんで当て、腰ひもなどで固定します。

③浴衣の背中心と裾線を決めます


浴衣を肩に掛けたら、襟先から20cmの辺りを持ち、体の前でそろえて持ち、背中心を合わせます。続けて、左右の手を一緒に裾から足首が見えるくらいまで上に引き上げ、そのまま後ろ裾がくるぶしの位置になる辺りまで、浴衣を体にそわせながら下ろしていきます。

④上前の身幅を決めます

腰の位置と裾線をずらさないように、右手で持った襟を開いて、左手で持った「上前」の幅を決めます。上前の脇の縫い目が体の横の中心にくるように調整し、その幅を仮に決めます。
→このとき、後ろの背中心は左右にずれてしまってOKです!

⑤下前を合わせ、上前を重ねます

上前を開き、腰回りをそわせながら、右手の「下前」を合わせます。下前の幅が広い場合は、そのまま後ろまで巻かずに、左脇で前に折り返します。下前が動かないよう、襟先から離した右手で下前のお腹の辺りを押さえながら、上前を右脇に重ねます。

⑥腰ひもを結びます

右手で上前の襟先をしっかり押さえて、腰ひもを持ちます。腰ひもは、まず前に当て、腰骨の上の「どんなに締めても苦しくならない」高さの位置で後ろにまわし、背中心で交差させ、前にまわし左右の手でぐっと締めます。体の中心より左の位置で片蝶結びにします。ひもの端は下に巻き付けます。

⑦おはしょりを作り、襟を合わせます

まず、両手を身八つ口に入れ、前後のたるんだ上半身の浴衣を下に落とすように「トントン」とならしていきます。最後は一番下の折り目を「手刀を切る」ようにすっと指先でなぞります。続けて、右手で襟のおはしょりの最下部を持ち、上前の上半身のおくみの縫い目と、下半身の縫い目がつながるように、右に引きます。さらに、左手を身八つ口に入れて、下前の襟をつかみ、右手で上前の襟を持ち、左右の襟を対称になるように合わせます。
→ここで、上半身の背縫いが、背中心に来るようにしましょう!

⑧腰ひもを結び、伊達締めを締めます


腰ひもを胸の下に結び、もう一度おはしょりや身ごろにもたつきがないかチェックします。伊達締めを前中心から合わせ、後ろで交差させ、前で一度からげて、ひも端を反対側にひねって、巻いてある伊達締めの下に巻き込みます。
→伊達締めは、結び目は作らず、平らになるようにします!

以上で、ゆかたの着付けは終了です。
引き続き、帯結びを見ていきましょう!

帯結び色々[動画解説]

浴衣の帯は、半幅帯、細帯を結びます。
結び方には、種類があります。

蝶結び

花文庫結び

貝の口結び

一般的に、蝶結びや花文庫などの華やかな結び方は、若い人向けとされており、貝の口や角出し風のものは大人の女性にふさわしいとされています。
最近では、前帯を巻き、後ろにすでに結んだ形の帯をのせるだけの「作り帯」もありますが、浴衣の帯結びは、前で結んでくるっと後ろにまわすだけなので、意外にカンタンです。チャレンジしてみる価値はありますよ!

 

浴衣のヘアアレンジ

浴衣の時は、ショートカットの方以外は、おだんごやアップにして涼しげに!

近年は、花で飾るのがトレンド!
高い位置に付けると10~20代の若者向きになります。
造花を使って手作りしても、可愛いのができます。100円ショップの材料でOKです!
浴衣の柄が古典的なものであれば、「和」を感じさせるテイストの花やちりめん細工のかんざしを選んで。現代的な柄なら、洋服やドレスに合わせるコサージュをアレンジしたものでも素敵です!

まとめ

華やかな柄と色、可憐な髪飾り、心躍る下駄の音……。
暑い夏の日差しの中、情緒あふれる浴衣を凛としてまとえるのも、日本女性ならではの楽しみです。

ひと夏の思い出作りに、今年は浴衣に袖を通してみませんか?
いつもとはひと味違うあなたに、彼も友人も家族も驚くことうけあいです!

《参考文献》
監修:丁子屋呉服店『いちばん分かりやすい着付けと帯結び』パッチワーク通信社、2013年

Nicole
Nicole
海外のビューティー情報を中心に発信していきます☆コスメアイテムからスキンケアやヘアケアアイテムなど、まだ日本では未発売ですがとっても優秀なビューティーアイテムがいっぱいあるんです。 昔から運動が大好きで、普段からいろんなエクササイズをしているのでおすすめのエクササイズ情報も紹介していきます♪
Recommended Posts