タオルにまでこだわるのが大人の嗜み。おすすめのタオルとは

Home / ライフスタイル / タオルにまでこだわるのが大人の嗜み。おすすめのタオルとは

毎日何度も使うタオルだからこそ、上質なアイテムにこだわりたい!ふわふわ派?さらっと派?タオルとひと口に言っても、使い心地も好みもまるで違います。明日からこだわりタオルで、毎日の一瞬をもっと素敵にしてみませんか?

 

 

タオルにこだわってる?

 

365日使うアイテムなのに、「とりあえず」のタオルで過ごしていませんか?古くから日本は織物が盛んな国。お風呂に毎日入る文化も手伝い、必需品のタオル製造技術は周辺国を寄せ付けないトップの技術力を誇っています。

そんなタオル事情に恵まれた私たちの周りには、原材料から製造工程までこだわり抜いたタオルがたくさんあるんです。料理の合間に手を拭くとき、仕事やジムから帰ってお風呂に入った後。タオルに触れるその一瞬を、もっと特別な瞬間に変えてみませんか?

 

 

おすすめのタオル5選

◇コンテックス/コンテックスプレミアム

 

1934年近藤タオル工場から生まれたタオルメーカー、コンテックス。確かな技術力と、年月をかけて積み上げられたタオルへの止まない探求心から、さまざまなヒット商品を生み出してきました。「コンテックスプレミアム」は、スプリングのようなふかふか感とボリューム、さらに吸水性の3つのポイントを追求した、コンテックスの自信作。今治タオルの認定も受けています。

 

 

◇フォグリネンワーク/リネン マッサージタオル

 

リトアニア産のリネン生地を使用したタオルやファッションを提案する、フォグリネンワーク。リネン100%の「リネン マッサージタオル」は、コットンのふわふわ感とは別物の、さらっとした肌触りが心地良い一品。吸水性に特化したリネンは、体を優しく包んでくれます。

 

 

◇SCOPE/ハウスタオル

 

世界中から暮らしを豊かにするアイテムを収集・販売するセレクトショップ、scope。そんなこだわりのお店から登場したのが、scopeオリジナルの「ハウスタオル」シリーズです。柔らかさのなかにコシを大切にし、フェイスタオルの大きさでも体丸ごと拭ける吸水力が自慢です。

 

 

◇マークスアンドウェブ/オーガニックコットン ベビータオル

 

赤ちゃんが舐めても大丈夫なように、染色の安全性まで考えて作られた、マークスアンドウェブの「オーガニックコットン ベビータオル」。片面はパイル生地で作られており、洗う度に吸水性が高くなります。ベビータオルですが、バッグに忍ばせてハンカチとして使うのもおすすめですよ!

 

◇プリスティン/フローズンチェックウォッシュタオル

 

染色をしない・メイドインジャパン・顔の見えるもの作りなどをテーマに掲げるファッションブランド、プリスティン。オーガニックコットン100%にこだわり、三重県津市の工場で作られた「フローズンチェックウォッシュタオル」は、乾きやすく軽くて柔らかい触り心地が特徴です。

 

 

なかなか手は出しづらい。最高品質のタオルとは

◇ヒポポタマス/バスタオル

 

ヒポポタマスのタオルへのこだわりは、スイスの認証機関から認定を受けたオーガニックコットンと、再生竹繊維を交織した今までにない爽やかさ。オーガニックコットンと言えば真っ白が主流でしたが、再生竹繊維をバランス良く使用することで、鮮やかなカラーリングを実現しています。お値段は1枚税込8424円。

 

 

◇Micro Cotton/プレミアムバスタオル

 

ドバイの7つ星ホテルでも採用されているという、Micro Cottonの上質なタオル。そのなかでも最上級の「プレミアムバスタオル」は通常のタオルの2.5倍~3倍の吸水力を誇り、触れた人しかわからないその触り心地はまるでヘブン!1枚税込1万6200円と、お値段も最上級クラスです。

 

 

◇ABYSS&HABIDECOR/スーパーパイル バスタオル

 

ポルトガルから誕生したタオルブランドABYSS&HABIDECORは、世界中のセレブたちをも満足させる、デザイン性と品質両方を叶えています。「スーパーパイル」は国産タオルの約3倍の綿で織り上げられたボリューミーな質感と、綺麗な水で製造され色落ちしにくくなっています。バスタオルサイズは、1枚税抜1万2000円。

 

 

まとめ

 

毎日の暮らしにおすすめの、こだわりタオルをご紹介しましたがいかがでしたか?毎日触れるタオルだからこそ、大人の嗜みとして上質なものをチョイスしたいですよね。ぜひ夢心地のタオルで、いつもの一瞬を素敵な時間にしてはいかがでしょうか。

kyoco
kyoco
美容全般大好きOLです。娘(3)がいます。ワーキングマザーとして毎日仕事と子育てで大変なときもあるけど、とっても充実しています。美容は唯一の自分タイム。子供が寝静まった後に、美容情報を収集するのが習慣です。 最近は夫と一緒に、家のインテリアを変えてみたりDIYしたりしてよりよいライフスタイルを追求中♡
Recommended Posts